医薬品SOS TOP → 医薬品の種類 動物用

動物用

動物のために使用されることが目的とされている医薬品です。動物用医薬品は、医薬品のうち専ら動物に使用する医薬品になります。コンパニオンアニマルや食用の家畜等を病気や寄生虫から守るために使用される医薬品です。

畜水産動物の疾病の治療、予防を目的としたもので、「薬事法」によって規制されています。動物用医薬品のうち、副作用の強いものや病原菌に対して耐性を生じやすいものなどは、「要指示医薬品」に指定されています。使用する場合は、獣医師による処方の交付や指示が必要になります。

動物用医薬品は、薬事法の規定に基づいて「専ら動物のために使用されることが目的とされている医薬品を言う」と定義されています。動物用医薬品は抗生物質、内寄生虫駆除剤、ホルモン剤の3種類に大きく分けることが出来ます。

抗生物質は、抗生物質と合成抗菌剤に分けることが出来ます。抗生物質は微生物が産生する成分を抽出精製したものです。合成抗菌剤は抗生物質と同じ働きをするものを化学合成して作り出された物質になります。

ホルモン剤は、生体の内分泌腺から分泌されて諸器官の働きを調節する化学物質になります。肉牛の肥育を促進する作用があり、赤身肉を生産する目的で使用されることが多いです。寄生虫用剤は、畜産動物の被害の予防や治療のために主に使用されます。

動物性医薬品は、人の健康を損なう恐れもあります。安全性に問題が無いのか気になる方も多いと思います。そのため、人の健康を損なう恐れがあることから動物用医薬品にはさまざまな規制があります。

対象動物、用法、用量など使用者が守るべき基準がきちんと定められています。また、食品には抗生物質を使用してはいけないことになっているので、心配する必要はありません。安全性に関する科学的な評価が国内外で確立した動物用医薬品であれば、食品中の残留基準値の設定が行われています。

医薬品の種類


立川や八王子でのペット火葬犬猫などペットの葬儀を東京でお探しなら
こちらのエンジェルロードさんへ 北欧家具http://www.lewis-meguro.com/