医薬品SOS TOP → 医薬品の種類 一般用

一般用

一般用医薬品というのは、簡単に言うと「大衆薬」のことです。薬局・薬店のカウンター越しに手渡されることもあることから「Over the Counterdrug」と呼ばれ、「OTC薬」と略されることが一般的です。

一般用医薬品は、消費者に対する情報提供の必要性の程度によって第一類、第二類、第三類の3種類に分けることが出来ます。一般用医薬品であれば、医師による処方箋がなくても薬局や薬店で簡単に購入することが出来ます。

一般医薬品は、「一般の人が、薬剤師等から提供された適切な情報に基づき、自らの判断で購入し、自らの責任で使用する医薬品であって、軽度な疾病に伴う症状の改善、生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防、生活の質の改善・向上、健康状態の自己検査、健康の維持・増進、その他保健衛生を目的とするもの」と定義されています。

販売することが許されているのは、薬剤師がいる店舗販売業や薬局のみになります。薬剤師が手渡で購入者に対して文書で説明する義務があります。そのため、全ての製品に「この医薬品は、薬剤師から説明を受け、使用上の注意をよく読んでお使いください」と書かれています。

誰でも気軽に購入することが出来るため、基本的に医療用医薬品と同じような効き目はありません。患者やその家族が軽い頭痛や下痢などの自覚症状がある場合、基本的に自己の判断に基づいて購入します。対象となる疾患は医療用医薬品に比べると限られています。

使用する人がどのような症状で、どのような使い方をするのか分からないため、安全性に重点を置き、作用もそれほど強くは作られていません。軽い疾患の治療や予防に用いることが多い医薬品です。

一般用医薬品についてまとめると以下のようになります。

・軽い病気や傷の治療のために使用する
・薬局などの店頭で誰でも自由に直接購入することができる

医薬品の種類