医薬品SOS TOP → 問題点と注意点 医師との相談は必須

医師との相談は必須

体調が悪い日が続いたり、なかなか症状が良くならない場合は、自己判断せずに病院に行くことをおすすめします。重大な疾患が隠れていることもあります。面倒くさがらずに病院に行き、症状を医師にきちんと伝えるようにして下さい。

近年は患者さんと医師が話しをする時間が減ってきていますが、気になることや疑問に思うことがある場合は、遠慮せずに医師に相談することが大切です。

うまく聞きたいことをまとめられない場合は、あらかじめ気になることを箇条書きでも良いのでメモしておくとスムーズに医師と話しを進めることが出来ると思います。

薬についても同じことが言えます。服用する薬についての情報や副作用については医師からの指示を仰ぎ、個々の症状などを相談しながら決めていくことが大切です。

処方された薬が体に合わないこともあるかもしれません。例えば「医師から処方された薬を飲むと吐き気がするので飲むのをやめた…」ということがあるかもしれませんが、このような場合はまずその旨を医師に必ず伝えるようにして下さい。

ここで必ず伝える必要があることは、薬を飲んでどのような症状が出たのかと、現状薬を飲んでいないということです。処方されている薬は、問題になっている病気に効くように考えられたものです。医師は薬を全て服用し、今の患者さんの状態があると思っています。そのため、薬をきちんと飲んでいないことを伝える必要があります。

副作用についても同じです。副作用のことを伝えれば、医師はなぜその薬で副作用が起きたのかを考えるでしょう。薬の投与量を変えたり、中止したり適切な処方に変更してくれます。医師と相談することは、病気を治す上では必要不可欠なことなのです。

問題点と注意点


スクラブ 白衣
スクラブの白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ワンタキソテール
ワンタキソテールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!