医薬品SOS TOP → 問題点と注意点 日本固有の問題とは

日本固有の問題とは

日本固有の最大の問題は、使われる薬の量の多さでしょう。

日本における医薬品の売上は、年間で7兆3000億円を超え、日本人はアメリカに次ぐ世界2位の「薬好き」とさえ呼ばれています。サプリメントなどは薬ではありませんが、サプリメントの売り上げが日本で高いのもそれを証明する1つでしょう。

その背景にはいくつか理由がありますが、大きな理由は2つです。まず1つ目は、患者自体が薬を服用することで安心感を得るためです。2つ目は、「薬を与えられる安心感」を求めている患者に対して、医師が必要ない場合でも薬を処方することがあることです。

近年は、カルテもパソコンで作成されることがほとんどです。患者さんがそのカルテを見ることはほとんどありません。一昔前までは患者さんと医師とが十分に話しをする時間を持つことが出来ましたが、近年ではそういった時間も少なくなってきています。

それゆえに「医療=薬」であると思っている患者さんもたくさんいらっしゃいます。そのような背景から薬に頼る人が多くなっているのではないでしょうか。

薬があることで安心することは、精神的な面からみても確かに大切なことです。ただ、このような傾向が強くなり過ぎると患者さんが「薬があればそれで良い」と思い込んで精神的にも薬に依存するようになってしまいます。

病院側から見れば薬を出すことで診療報酬を受け取ることが出来ますし、患者さんが安心するのだからとりあえず薬を出せば良いと思う傾向になりがちです。このような悪循環が日本で薬を氾濫させた大きな原因の1つでしょう。

病状によっては必ず必要になる薬もあります。ただ、飲まずに済む薬は飲まない方が良いと考えるのは当たり前のことです。薬は必ず医療に不可欠なものという考え方を改める必要があるのではないでしょうか。

問題点と注意点


写真を使用してオリジナルのパズル ウェルカムボードにもいいね
http://puzzle-ya.com/