医薬品SOS TOP → 開発/製造 医薬品の定義とは?

医薬品の定義とは?

そもそも医薬品というのはどのようなものなのでしょうか。ここでは医薬品の定義について紹介したいと思います。薬品は、日本の薬事法によって次のように定義されています。

1.日本薬局方に収められている物
2.人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物で、機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品でない物(医薬部外品を除く)
3.人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物で、機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品でない物(医薬部外品及び化粧品を除く)

また、国内で医療品として譲渡を含め流通させるには、厚生労働大臣による製造販売承認が必要です。承認されていない物で医薬品、医薬部外品、化粧品もしくは医療機器に該当しないものは、「効能」「効果」を謳うことはできません。

医師が処方する薬や薬局で買える風邪薬などがこれに当てはまります。蚊・ゴキブリなどに使用する殺虫剤も濃度などによっては医薬品になります。

これだけ断片的な情報を見ると少しややこしいのではないでしょうか。より簡単に説明すると、使用する対象は人や動物ということになり、使用の仕方は、病気になったかどうか確かめる(診断)と病気を治す(治療)と病気になるのを予防する(予防)の3つになります。

医薬品の基礎知識


リキスミア
リキスミアなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

遺品整理を大垣で探しましょう
遺品整理を大垣でならまごころ便利屋スマイルで!