医薬品SOS TOP → 開発/製造 生活に必要な医薬品

生活に必要な医薬品

医薬品とは「飲む」「塗る」「注射」することにより、人や動物の疾病の診断、治療、予防を行うためのものです。医薬品は大きく分けると医療用医薬品と、一般医薬品の2種類に分けることが可能です。

医療用医薬品というのは、主に病院などの医療機関の医師の診断と処方に基づき使用される医薬品のことを指します。どちらかと言えば効き目が強く、場合によっては重大な副作用を引き起こす危険性があります。医師が患者の症状や体質などに応じて使用を指示する必要があります。

一方、一般医薬品というのは、医師による処方箋がなくても薬局や薬店で購入することが可能な医薬品のことです。つまり、個人個人が自分の判断でお店から購入することが出来る薬です。

個人で購入することが出来るため、安全面にも重点をおいていてます。作用が穏やかであったり、軽い疾患の治療や予防、健康増進に用いられることが多いです。医療用医薬品に比べて効き目はそれほど強くないため、副作用の心配も少なくて済みます。

ただ、医薬品を飲むのは、薬の毒性と体に起きている病気による悪害を比較した上で、病気の悪害の方が上回っていると考えられる場合のみです。今の医薬品は、安全性の高いものが多く、長期間服用しても副作用は出にくくなっていますが、医薬品を無暗に服用するのは危険です。

病気を予防するために服用することもありますが、それは人体に対してある程度重大な病気が存在する事が予測出来ている場合に限られるのではないでしょうか。医薬品に頼る前に体にとって何が問題なのかを考える必要があります。

医薬品の基礎知識


不用品回収 千葉 成田 茨城
http://www.eco-harmony.co.jp/

リルテック
リルテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!