医薬品SOS TOP → 開発/製造 医薬品とは?

医薬品とは?

医薬品とは、精製あるいは配合されて何らかの用途に利用可能になった状態の化学物質のうち、少量で使用する薬品のことを指します。病気の治療、予防を行うために、名称や成分、分量、効果、副作用についての安全性の調査を行って厚生労働大臣や都道府県知事が認めた薬が医薬品になります。

簡単に説明すると、病院で医師が処方してくれる薬や薬局薬店で販売されている風邪薬や頭痛薬のことです。配合されている有効成分の効果が認められ、病気の治療や予防に使われる薬であれば医薬品であると考えることが出来ます。

医薬品は、大きく医療用医薬品と一般用医薬品の2種類に分けることが出来ます。以下に詳しく説明します。

●医療用医薬品
病院などの医療機関で使用される医薬品です。医師は患者の病状に合わせて処方箋を出しますが、この処方箋が必要になります。医師の指導や管理のもとで病状の経過を見ながら利用する薬です。処方箋を必要とする医療用医薬品は、効き目が強く、時に大きな副作用を起こす危険性もあります。そのため、医師が病状や体質に合わせて使用を指示します。薬によるアレルギーがある方や妊娠中の方などは、医師にその旨をきちんと伝えるようにしましょう。

●一般用医薬品
医師による処方箋がなくても薬局や薬店などで自由に購入することが出来る医薬品です。薬店のカウンター越しに手渡しされることから「Over the Counterdrug」と呼ばれ、「OTC薬」と略されるのが一般的です。誰もが自由に購入することが出来るため、作用はそれほど強くは作られていません。結果として、重大な副作用が起こることも少なくて済むように安全に作られています。ただ、一般用医薬品であっても副作用が全くないというわけではありません。飲み合わせなどもあるため、適切な薬を購入するようにしましょう。

医薬品の基礎知識


ナースシューズ メンズ
ナースシューズのメンズなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ルリッド
ルリッドなら医療関係者向けの製品情報サイトで!