医薬品SOS TOP → 販売される医薬品 薬局販売

薬局販売

薬局というのは、薬剤師が販売又は授与の目的で調剤の業務を行う場所のことを指します。

薬事法では、薬剤師が販売または授与の目的で調剤業務を行う場所を薬局と定義しています。処方箋に基づいて調剤を行う薬局を「調剤薬局」と呼ぶこともありますが、薬局であれば原則調剤が出来るため、若干不自然な呼び方と思う方もいるかもしれません。

薬局には必ず調剤室があり、そこには薬剤師が常駐して医師などの処方箋に基づいた調剤を行っています。平成18年には医療法が改正され、調剤を実施する薬局は、医療提供施設と位置づけられることになりました。

これによって薬局という場所はただの医薬品販売店舗ではなく、調剤という医療を提供する場所になりました。薬局は、調剤をメインに行なうだけではありません。調剤室を備えるなどの条件を満たし、薬局開設許可をきちんと受けているのであれば、ドラッグストアも薬局ということになります。

ただ、薬剤師がいない薬局は営業活動を行うことが出来ないため、登録販売者だけがいる状態で一般用医薬品を販売することは、原則としては認められていません。

日常生活を送っている中で、体調が悪くなった時などに行く慣れ親しんだ病院を「かかりつけ医」と言いますが、それと同じように薬局も「かかりつけ薬局」を持つことをおすすめします。かかりつけ薬局があれば、薬の正しい使用方法や疑問に丁寧に対応してもらうことが出来ます。

患者さんは、どの医療機関でもらった処方箋でも薬を受け取る薬局を自由に選択することが出来ます。そのため、自分の自宅付近に気軽に薬について相談することの出来る信頼出来る「かかりつけ薬局」を持つと安心出来るのではないでしょうか。

販売される医薬品


アミティーザ
アミティーザならおなかのはなし.com

ランタス
ランタスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!